« 2007年6月 | トップページ

2007年8月 7日 (火)

格闘餓狼伝アーカイブス〜ヒクソンについて〜

Photo


『ヒクソン・グレイシーはパワーファイターである。』

 意外に思われるかもしれないが、以上が私の出したファイターとしての、彼の評価である。
『結論』という形を出したからには、なんらかの理由づけが必要になってくるわけだが、その『理由』について少し掘り下げてみることにしよう。以下はそれをいくつかに分け、示したものである。

1. スタミナがない事。
2. 筋肉質である事。
3. 先天的、遺伝的要素によるもの。

ムなどである。どれもその項目自体、リンクしているものなのだが、それぞれについて細かく説明していくことにしよう。

 まず1であるが、彼は試合前によく『自己プロデュース』として
『クンダリーニ・ヨガ』のパフォーマンスを見せる。それは試合中、スタンド状態における『膠着状態』の際にも『腹式呼吸』をくり返す姿により
見てとる事ができるわけだが、試合中の彼を見ると『この人、ヨガやっていなかったら、どれだけスタミナがないのだろう?』と疑問符を投げかけたくなるほどのスタミナの無さを露呈している。これに関しては実際対戦した、『高田、船木』両選手も試合後、同様の評価をしている。私が思うに、彼は先天的にスタミナがなく、それを悟られないように、この『クンダリーニ・ヨガ』のパフォーマンスを見せていたのではないか?と判断している。(誤解のないように書いておくが、ヒクソンのスタミナ向上に、この『クンダリーニ・ヨガ』が貢献していたのは間違いない事だろうと思う。)

 次に2と3であるが、これに関しては重複する要素も多いのでまとめて考察をしていこうと思う。
彼の父でありグレイシー柔術の創始者、エリオ・グレイシー以降『グレイシー一族』の選手は、みな細みの身体をしている事に気付く。父エリオはいわずもがなだが、日本でファイトをしている彼の弟達『ホイラー、ホイス』もまたしかりである。『筋肉量が多い=スタミナがない。』とは、
一概には言えないが、陸上競技において、短距離選手に筋肉質の選手が多く
長距離選手に細みの選手が多いという事は周知の事実である。実際問題として
筋肉を動かすには、その質量が多ければ多い程、大量の『酸素』を必要とし、
その事から、スタミナが失われてしまう事となる。
彼の場合エリオ、ホイス、ホイラーなどの細みの体型ではなく、『グレイシー一族』の中では、異質とも思えるほどの、『マッチョファイター』である。
何故、彼は『マッチョファイター』であったのか?
これについては、グレイシー一族の家系図を見る事により解決できた。
彼等の父、エリオは一度離婚しているのである。ヒクソン、ホリオン、(ヒクソンの兄にあたる、初期グレイシー柔術におけるスポークスマン)は父エリオの血ではなく、離婚した母(マーウガリダ・グレイシー)の血を強く受け継いだものと思われるのだ。
逆にホイス、ホイラーは、父であるエリオの『有酸素系ファイター=細みの身体』の血が受け継がれたか、あるいは、後妻のベラ・グレイシーの血筋も『有酸素系』であったのだろう。専門的に言うと、彼等は非常に筋肉の付きづらい『外胚葉体質』といわれ、前妻マーウガリダの子、ホリオン、ヒクソンらは筋肉の付きやすい体質である『中胚葉体質』だったのであろう。(余談ではあるが、脂肪が付きやすく肥満体質のタイプを『内胚葉体質』という。このタイプの人間は後天的に体型を変えやすいといえる。ただし、強大な苦痛を伴う事になるのだが。)
おそらく彼は、体型が著しく変わる第2次成長期以降、兄弟達との練習の中で、自分のスタミナの無さを実感したのではないだろうか。(同時に、日に日に体型の変わる自分に驚いていたものと思われる。)

 以上の事から、ヒクソンは『有酸素系“スタミナ”ファイター』ではなく、『無酸素系パワーファイター』であるとの『結論』を出したのである。

 だが、この事によって、私は彼を否定するつもりはない。
逆に、そのファイターとしての姿勢を評価したい。先天的なパワーファイターでありながら、試合においては、そのパワーを自己コントロール出来、グラウンド状態では『脱力』し(このあたりが、レスリング上がりの『並』のパワーファイターには真似できない所である)フィニッシュの状態になり、初めてその『パワー』を解禁するのである。まさに、『柔(脱力)』と『剛(パワー)』を使い分けているのである。また、自分の能力を冷静に判断し、自己プロデュースすることにより、『幻想』を作る。対戦相手にとって、これは一つの『見えない武器』となる。高田選手はこれに敗れたといっても過言ではないだろう。このように他のファイターには、出来そうで出来ない事を彼はやってきたのである。(以前も書いたが、これはチャンプの条件である。)
この事は『プロ』として特筆すべき『能力』であり、またプロ格闘技界における偉大なる『実績』である。昨今のファイターに足りない要素はこのあたりに隠れているのではないだろうか。

いろいろと書き連ねてきたが、最後に書き改めなければなるまい。

『ヒクソン・グレイシーは“インテリジェンス”パワーファイターである』と。


にほんブログ村 格闘技ブログへ

| | コメント (45) | トラックバック (3)

« 2007年6月 | トップページ