トップページ | 『メリケンと格闘技2』沈黙する人々。 »

2007年1月16日 (火)

『メリケン』と格闘技。疑惑は追求し続けろ!!

Photo

まず始めに『I LOVE JAY! ANNEX』立ち上げから、ネガティブな話題を提供しなくては
ならない事を非常に残念に思う。
このブログにアクセスしてくれた皆さんは、その誰もが“格闘通”だと思っているので
御存じの事と思うが、、、。
そう今回のテーマは、大晦日にTBS系で放送された格闘技イベント『ダイナマイト!』
のメインイベントで行われた『秋山成勲vs桜庭和志』の1戦についてである。

 試合中、桜庭は秋山に何度もテイクダウンを試みたが、するりと抜けられ
『滑る!』とレフェリーにアピールしていた。その姿をお茶の間で確認した
方も多かったと思う。結果、レフェリーによるボディチェックは、ほぼ行われないまま
試合は、秋山の一方的な攻撃を喰らって桜庭はTKO負けとなった。

この試合結果を追った文章だけでも、問題は大きいが、事はレフェリー問題あるいは
『秋山のオイル散布問題』だけでは終わらなかったようだ。
まずレフェリーについてだが、あの試合を観ていて、たとえ素人であろうとも
疑問を抱かない人間がいただろうか?あんな酷いレフェリングは、昨今どの格闘技を
見てもなかったのでないか。本来、試合を最終的にストップできるのはレフェリー
のはずだが、今回は違った。メインレフェリーの梅木氏は、最後まで不可解なレフェリングに
終止した。

次に、『秋山のオイル散布問題』だが後日行われた、秋山の会見を聞くと『故意ではなかった
が、スキンクリームを全身に塗っていた。』という。仮にも、レベルが低いとはいえ
『ミドル級の世界チャンピオン』がである。この肩書きも正直『?』がともるが、
オトボケもいいかげんにしていただきたいものである。
この『オトボケ』に対してのFEG側の処分は『ファイトマネーの全額没収』
だったが、ルールブックを参照するなら、『チャンピオンベルトのはく奪』も付け加えなければ
ならないはずである。
『秋山が控え室でクリームを塗っているシーンをカメラが捕らえていた。』という点から
“故意”でないと判断されたようだが、これは知人の意見だが、そのカメラに撮影させるという
行為自体が、後々を見越しての『確信犯』といえる。
後に追求の眼が向いた時の『策』だったはずである。
クリームに関しては、『散布』は事実であった事が判明したわけだが、事はそれだけで終わらなかったようだ。新たな疑惑が浮上してきたのである。
『メリケン使用疑惑』である。
『メリケン』とは、わかりやすく言えば『鉄拳』の事である。昭和世代でいうところの
『ツッパリや暴走族』が喧嘩の時の秘密兵器として使う道具といった感じだろうか。
この疑惑は、秋山の右グローブにスポンサー名が
なかった事から火が付いたわけだが、そんな程度では終わらなかったようである。
私も『メリケン疑惑』が生じてから、様々な映像で検証してみたが、疑惑は晴れなかった。
試合VTRを見れば、明らかに拳に不自然な重力を感じさせるモーションであったし、
オフィシャルなサイトにアップされていた写真からも、不自然さを感ぜずにはいられなかった。

クリームの件は、100歩いや100万歩譲るとして、『メリケン使用』、、、
、、、、酷すぎる。格闘家としてという事ではなく、1人の人間として酷すぎる。
万が一、死亡事故にでも発展したら、どう責任を取るつもりだったのだろうか。
はっきり言って『殺人未遂』である。

事実関係を確認する手立ては、今となっては映像のみとなってしまったが、
この件に関しては、絶対に真実を追求しなくてはならないだろう。
『倫理』の関わってくる問題だからだ。『格闘技』から『倫理』を外したらどうなるか、、、。
考えるに恐ろしい。
メリケンに関しては、今の所これ以上は究明しようがない事なので
真実の程は分からないが、疑わしき事はすべきでないだろう。
という事をふまえ、今回の件に関して自分なりの結論として『秋山制裁案』を色々と考えてみた。

1、格闘技界から永久追放とする。今回に関しては、プロレス界に転身し『メリケンとオイル』を
  ギミックにすることも禁じる。

1、桜庭と再戦(本人が拒否するだろうが)する。ただし、秋山はスタンド、グラウンド
  ともパンチなし。桜庭は、『メリケン』入れたグローブを着用し、なにがあろうとドクター&レフェリー
  ストップはなし。場合によってはレガースを着用し、中に鉄板を入れる事も許可する。
  ウエスタンブーツの着用も同時に許可する。(出来れば、安全靴のようにつま先に金属の入っている
  ものが望ましい)また当然の事ながら、桜庭のみ全身にオイルを散布する事を許可する。

1、ヴァンダレイ・シウバ、マウリシオ・ショーグン、ヒカルド・アローナの3人と1日で闘う
  『3WAYマッチ』を今年のPRIDE男祭りで行う。もちろん、3人はグローブにメリケンを入れて
  良し。『クリーム』を散布する事も自由とする。

1、両手両脚を縛り、ミルコ・クロコップの左ハイを受けてみる。

1、同じく『メリケン』を装着した、エメリヤーエンコ・ヒョードルのパウンドを受けてみる。

などなど、まだ挙げればきりがないが、こんな感じでどうだろうか。『反則王』にPRIDEの優秀な
選手を対戦させるのは忍びないが、ここは一つ全格闘技ファンの為にも動いてもらう事にしよう。


最後の方は冗談めいた内容になってしまったが、
最後に(しつこいが)、長く格闘技を観戦してきたが、こんなに気分の悪い事件は初めてである!

絶対にこの一件を風化させてはならない。
最後に一言(しつこいが)

『疑惑は徹底的に追求し続けろ!!』

|

トップページ | 『メリケンと格闘技2』沈黙する人々。 »

コメント

すげえいいイラストwwwあんた最高だよ!

投稿: とおりすがり | 2007年1月17日 (水) 00時51分

多くの格闘ファンの気持ちを代弁しており、また、この問題について全く知らず、格闘技に興味がない人達にも興味を抱かせる、非常に秀逸な文章ですね。
ただ、「秋山制裁案」が全てを台無しにしている・・・
一部削除した方が良いと思います。

投稿: | 2007年1月17日 (水) 01時47分

制裁案削除の件、検討してみる事にします。
コメントありがとうございました。
本館である「I LOVE JAY!」の方もご覧ください。
格闘技コラムも書いておりますので。
http://ilovejey.cocolog-nifty.com/
がアドレスです。

投稿: JAY! | 2007年1月17日 (水) 17時30分

とおりすがりさん
コメントありがとうございます。
「格闘餓狼伝」は名の通り、「I LOVE JAY!」
の別館として存在しております。
これを機会に本館である
「I LOVE JAY!」の方もご覧ください。
アドレスは
http://ilovejey.cocolog-nifty.com/
です。よろしくお願いします。

投稿: JAY! | 2007年1月17日 (水) 17時59分

秋山疑惑のまとめサイトだが
左手の「バンテージ取り外し疑惑」も浮上してきたみたいだねw
このページの下の方にあるから見てみ
http://www24.atwiki.jp/sweatslip/pages/6.html

更に「内部告発」まで・・・w
http://www24.atwiki.jp/sweatslip/pages/50.html

もう終わりだなw

投稿: ヌルヌル反対 | 2007年1月23日 (火) 10時25分

ヌルヌル反対さま
お疲れさまです。
私も、『すっごい滑るよ!』はよく見ております。
疑惑の徹底検証っぷりが、気持ちいいですよね!

投稿: JAY! | 2007年1月23日 (火) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/202634/4948112

この記事へのトラックバック一覧です: 『メリケン』と格闘技。疑惑は追求し続けろ!!:

トップページ | 『メリケンと格闘技2』沈黙する人々。 »